スポーツマンだった息子が社会人に。

息子は高校生活3年間ずっと野球部に所属していました。小学生の頃から野球をずっとやっていて、体力にも自信があり、運動神経も悪くなかったです。授業の中でも、バスケットボールは特に好きで、誰よりもコートを走り回ってたと思います。

だけど、体が言う事を聞くのは、野球部に入っていた時まででした。高校最後の大会、強豪私立に破れてしまい、引退という形になりました。成績もまぁ普通で、推薦で大学進学することもできて、引退してからの毎日、寝っ転がて過ごしたりと、運動をあまりやらなくなりました。

でも、それでも楽しいのが体育という授業ですよね??体育はなんでも楽しくて、ついつい盛り上がってしまい、みんなと騒いでしまいます。

そして、バスケットボールの授業の時、いつものように、授業全部コートを走り回りとうとう疲れてきたなーという頃です。もう、運動をしてないし、筋肉も衰えていたし、授業後半ということで、体が悲鳴をあげていたのでしょう。

リバウンドを取りにジャンプしましたが、なかなか飛ぶことができず相手にボールをとられ、クソっと思った瞬間、着地のときに下に相手チームの選手の足があり、着地と同時に足をひねりました。ほんとに痛かったようです。

ただ、これでは終わりません。すごく腫れてしまって、お医者さんに見せにいって、ドクターストップかけられてしまいました。なのに息子はここでお医者さんのことを無視しました。軽く走ってみたら全然走れたので、余裕じゃんと思い、次回のバスケットボールにも参加してしまいました。まぁ、当たり前に悪化しますね。

普通にドリブルしてたら、突如足が言う事を効かず、いきなり単独で足をぐねりました。すると、たんこぶ以上に腫れて、靭帯断裂でした。お医者さんのことは絶対に聞いた方がいいです!(当たり前です)

そんな息子は今年社会人に。学生時代は消費者金融にお金を借りて遊びまわるやんちゃな時期もありました。(プロミスなら学生でもお金を借りれるんですね)でも立派に社会人になってくれてなによりです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です